ストーカー対策

ストーカー対策

ストーカー行為について

交際を断られたり、想いを受け入れられなかったりなどの理由で、一方的につきまとうストーカー。最悪の場合には殺人事件に発展することもあります。

ストーカー規制法では次の行為を規制の対象にしています。

つきまとい等とは・・・

 あなたに対する恋愛感情などの好意の感情、その感情が満たされなかったことへの怨みなどの感情を充足させる目的で、あなたやあなたの身近な人(配偶者・親族など)に対して8つのパターンに類型化されたつきまとい等の行為をすることをいいます。

ストーカー行為とは・・・

 同一の者に対し、つきまとい等を繰り返し行うことをいいます。

※ 以下の1から4までの行為で身体の安全、住居などの平穏もしくは名誉が害され、または行動の自由が著しく害されることになるかもしれない、という不安を覚えさせるような方法により行われる場合はストーカー行為にあたります。思い当たることがあれば警察に相談してください。

つきまとい等8つのパターンと具体例

1.つきまとい・待ち伏せ・押しかけ

あなたを尾行し、つきまとう。

通勤途中などのあなたの行動先で待ち伏せする。

あなたの進路に立ちふさがる。

あなたの自宅や職場、学校付近で見張りをしたり、押しかけてくる。

2.監視していると告げる行為

その日の服の色やどのような行動をしたかなどをあなたに告げ、監視していることを気づかせる。

帰宅した直後に「お帰りなさい」などと電話する。

あなたがよくアクセスするインターネット上の掲示板に、上記の内容などの書き込みを行う。

3.面会・交際の要求

あなたが拒否しているにもかかわらず、面会や交際、復縁を求める。

贈り物を受け取るようにあなたに要求する。

4.乱暴な言動

あなたに大声で「バカヤロー!」等の暴言を吐く。

あなたの家の前で大声を出したり、車のクラクションを鳴らしたりするなど、乱暴な行動をする。

5.無言電話、連続した電話・ファクシミリ・電子メール

電話をかけてくるが、何も告げず、あなたに不安を感じさせる。

あなたが拒否しているにもかかわらず、携帯電話や会社、自宅に何度も電話をかけてきたり、ファクシミリや電子メールを送信してくる。

6.汚物などの送付

汚物や動物の死体など、あなたに不快感や嫌悪感を与える物を自宅や職場に送りつける。

7.名誉を傷つける

あなたを中傷したり、名誉を傷つけるような内容を告げたり、文書などを届ける。

8.性的しゅう恥心の侵害

わいせつな写真などを自宅に送りつけたり、インターネット掲示板に掲載したりする。

電話や手紙で卑わいな言葉を告げ、辱めようとする。

望んでもいないのに性的に恥ずかしいと思う気持ちを起こさせる。(「わいせつ」までに至らないものも含まれる。)

ストーカーつきまとい等8つのパターンに対する対処法

1.「つきまとい・待ち伏せ・押しかけ」に対する対処法

防衛対策

不安なときはタクシーなどを利用する。

防犯ブザーを携帯する。

一人で悩まず、警察や信頼できる人に相談する。

携帯電話は、いつでも110番できるようにしておく。

万一の場合は、警察や近隣の人に助けを求める。

女性のひとり暮らしの場合には

ドアや窓には二重鍵とドアスコープを利用する。

ドアを開けるときには周囲に注意する。

不審者がいるときは助けを呼ぶ。

2.「監視していると告げる行為」に対する対処法

防衛対策

状況・内容をメモし、警察に届け出る。

女性のひとり暮らしの場合には

すりガラスの窓でもカーテンをつける。

カーテンは厚手のものを利用する。

在宅中はカーテンをきっちり閉める。

3.「面会・交際の要求」に対する対処法

防衛対策

はっきりと拒否の姿勢を示す。

警察や信頼できる人に相談する。

4.「乱暴な言動」に対する対処法

防衛対策

危険を感じたときは、防犯ブザーや携帯電話で助けを求める。

警察に相談する。

5.「無言電話、連続した電話・ファクシミリ」に対する対処法

防衛対策

「警察に訴えます」とはっきり伝える。

架電状況(時間、内容等)を記録する。

6.「汚物などの送付」に対する対処法

防衛対策

警察に届け出る。

届いた時間と内容などをメモする。

送り主の不明な届け物などは、受け取りを拒否し、開封せずに送り返す。

7.「名誉を傷つける」に対する対処法

防衛対策

状況を記録し、中傷ビラ・インターネット文書などはすべて保存する。

警察や信頼できる人に相談する。

8.「性的しゅう恥心の侵害」に対する対処法

防衛対策

住所、電話番号、メールアドレスなどの個人情報の管理は慎重に。

送りつけられたものを持って警察へ相談する。

自分でできるストーカー対策、自衛手段

個人情報の管理は慎重に行う。

自宅住所や電話番号、携帯電話番号等は気軽に他人に教えない。

住所、電話番号等が書かれている書類を捨てるときは、裁断してから捨てる。

断固拒否の姿勢を見せる。

あいまいな態度を取らない。

感情的にならず、冷静に、はっきりと拒否の姿勢を示す。

自分でできる身近な方法を利用する。

身に危険を感じたときは、ためらわずに110番通報する。

迷惑電話おことわりサービス等を利用する。

住民基本台帳の閲覧制限等

ストーカー行為者等から、住民票を閲覧されるなどのおそれがある場合には、事前に市・町の窓口にその制限を申し出て おくことができます。

2015年12月19日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : tanteipronet-blog