警察の令状なしGPS捜査は違法(H29.3.15 最高裁)

最高裁が注目の司法判断を下しました。

警察の令状なしGPS捜査は違法(H29.3.15 最高裁)

当然の判決ですね。

そりゃそうです、勝手に無断で車にGPSを取り付けてつけまわされたら、たまったもんじゃないですから。

われわれ探偵が「ちゃんと業務上の理由があって」他人の車にGPSを取り付ける行為さえ犯罪捜査の対象になるのに、警察が国家権限で合法的に自由にGPSを取り付けることを許されません。

ひとまずよかったですし、多く国民はこの判決を支持していると思います。それでなくても現政権は、国民の行動を監視し、国民の自由を奪おうとする方向へ向かってるのですから、その観点から見てもきわめて妥当な結論です。

それからついでに言いますと、

警察がわれわれ探偵業者へ上から目線で個人情報を求める行為はやめてほしい。

探偵業は警察へ届出制になっており、年一回は事務所へ立ち入り検査があります。検査自体はよいことでですが、立ち入り時に個人情報をさぐる行為はやめてほしい。

過去の受託契約書の提示を強くしつこく求めてきます。事件性のある事案であるなら応じるべきかもしれませんが、なんら問題なく業務遂行しているのにわざわざ「この一年間に取り扱った契約書をみせろ」と圧力をかけないでほしい。礼状なしに個人情報をもとめる行為ははあきらかに違法です。

それは個人情報を興味本位で単なる「のぞき」行為にすぎません。

(時事通信)

 警察が裁判所の令状を取らずに捜査対象者の車両に全地球測位システム(GPS)端末を取り付けた捜査について、最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)は15日、違法と結論付けた。

 窃盗事件の上告審判決で初判断を示した。

 最高裁はGPS捜査の実施に当たり、「新たな立法措置が望ましい」と言及した。

 最高裁は、GPS捜査を家宅捜索などと同様に令状の必要な「強制捜査」と位置付け、不要な「任意捜査」としてきた従来の警察の運用を否定した。地・高裁で結論が割れており、判断が注目されていた。

 大法廷が審理したのは、2012~13年に主に近畿地方で発生した連続窃盗事件。大阪府警は約7カ月間、被告の男(45)らの車両19台にGPS端末を取り付け、追跡していた。

 GPS捜査が対象者のプライバシーをどの程度侵害するかが争点だった。弁護側は「立ち寄る場所から信仰する宗教など人の内面まで推認でき、大きく侵害する」と主張。検察側は「公道を走る車両の位置情報取得は侵害が小さい」と反論した。

2017年3月15日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : tanteipronet-blog

いつまでも消費者は無知ではない

いつまでも消費者は無知ではない

検索サイトの信頼が失墜したまま、いまだに表示の順位をめぐる不信感・不透明感を払拭できてない。

背景には、業界の根深い構造的体質が存在しているようです。

それは、DeNA事件でも問題になったSEO業者の存在。

全国に数百社が存在するとも言われますが、一般消費者が業界の内情を知ることはできません。

ある有力SEO会社は、検索サイト運営企業の別動隊として暗躍し、表示順位を事実上支配し決定できるほどの影響力を有していると言われてます。

彼らは検索エンジンの仕組みを熟知し、検索運営会社と連携し、表示順位を人為的に操作できる立場にあります。

その目的は「利益追求」です。

検索して最初のページに表示されるサイトはほぼすべてがSEO業者が企画制作し、同時に表示順位まで請け負っています。

営業企画部門と販売促進部門をSEO業者に丸投げしているわけです。

サイトの表現が企業の実態を忠実に反映しているなら問題ないのだけれど、SEO業者のみなさんは福岡・大阪・東京の事務所において、空想で他社の営業企画を書き上げているのです。

ライバル社の足を引っ張る行為はやめてほしいですね。

・ありもしないクチコミねつ造サイト

・どんな基準で判定するのか、八百長比較サイト

・どのような理由で推薦するのか、自作自演のおすすめサイト

・技術を悪用して他社の順位を押し下げる不正工作(逆SEO対策)

(今回ここまで)

2017年3月12日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : tanteipronet-blog

令状なしのGPS捜査が適法!

 

画期的な司法判断がなされました。

大阪高裁が、令状なしのGPS捜査を適法と判断しました。

警察が、本人の許可なくこっそり車にGPSを取り付けて、行動を監視してもよい、という内容です。

1審の違法判断を覆して逆の判決がくだされたわけですが、背後に巨大な国家権力を有する警察側にとって、この上ない朗報でしょう。

これが既成事実として定着してしまうと一般国民にとって脅威です。

判決の影響の大きさを畏れてのことなのか、大阪高裁は「今回の事件に限っては適法」とも言ってます。

詳細は以下の毎日新聞記事をご参考にしてください。

毎日新聞 3月2日(水)

<GPS捜査>「令状なし」適法…1審と逆の判断 大阪高裁

 裁判所の令状なく捜査対象者の車両にGPS(全地球測位システム)発信器を取り付けた捜査手法を、大阪地裁が「違法」と判断した連続窃盗事件の控訴審判決が2日、大阪高裁であった。横田信之裁判長は、今回の大阪府警のGPS捜査について「重大な違法とは言えない」として、1審とは逆の判断を示した。ただ、懲役5年6月とした1審判決は支持し、被告側の控訴を棄却した。

 GPS捜査を巡る高裁の判断は初めて。

 大阪府門真市の自営業、岩切勝志被告(44)は知人らと共謀し2012~13年、大阪など6府県で事務所荒らしなどを繰り返し、計約416万円相当の物品を盗んだ窃盗などの罪で起訴された。

 昨年6月の地裁決定は、GPS捜査は令状が必要な「強制処分」に当たると判断。約半年にわたって被告らの車やバイク計19台に無断で発信器を取り付け、行動を監視した大阪府警の捜査を「プライバシーを侵害し、違法」とした。そして、捜査資料の一部を証拠から外した。

 高裁判決は、犯罪の疑いをかけられた被告らが夜間に広く移動し、警察の捜査を警戒していた状況などを踏まえ、「尾行、張り込みだけでなくGPS捜査の必要性が認められる状況だった」と判断し、やむをえない事情があったとした。

 仮にGPS捜査が令状の必要な強制処分だとしても、「令状の要件は満たしていたと考えられる。当時、GPS捜査を強制処分とする司法判断は定着していなかった」と指摘。その上で「警察官らに令状主義を逸脱する意図があったとは認めがたい」とした。

 また、警察官らが機械的に捜査対象車両の位置情報を取得し、過去の位置情報を網羅的に把握した事実は認められず、「プライバシーの侵害の程度は必ずしも大きくない」と判断。ただ、令状なしで捜査に利用したことについて、「違法と解する余地がないわけではない。今回の事件についてみる限り、重大な違法があったとまでは言えない」と言及した。【三上健太郎】

2016年3月3日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : tanteipronet-blog

ストーカー対策

ストーカー対策

ストーカー行為について

交際を断られたり、想いを受け入れられなかったりなどの理由で、一方的につきまとうストーカー。最悪の場合には殺人事件に発展することもあります。

ストーカー規制法では次の行為を規制の対象にしています。

つきまとい等とは・・・

 あなたに対する恋愛感情などの好意の感情、その感情が満たされなかったことへの怨みなどの感情を充足させる目的で、あなたやあなたの身近な人(配偶者・親族など)に対して8つのパターンに類型化されたつきまとい等の行為をすることをいいます。

ストーカー行為とは・・・

 同一の者に対し、つきまとい等を繰り返し行うことをいいます。

※ 以下の1から4までの行為で身体の安全、住居などの平穏もしくは名誉が害され、または行動の自由が著しく害されることになるかもしれない、という不安を覚えさせるような方法により行われる場合はストーカー行為にあたります。思い当たることがあれば警察に相談してください。

つきまとい等8つのパターンと具体例

1.つきまとい・待ち伏せ・押しかけ

あなたを尾行し、つきまとう。

通勤途中などのあなたの行動先で待ち伏せする。

あなたの進路に立ちふさがる。

あなたの自宅や職場、学校付近で見張りをしたり、押しかけてくる。

2.監視していると告げる行為

その日の服の色やどのような行動をしたかなどをあなたに告げ、監視していることを気づかせる。

帰宅した直後に「お帰りなさい」などと電話する。

あなたがよくアクセスするインターネット上の掲示板に、上記の内容などの書き込みを行う。

3.面会・交際の要求

あなたが拒否しているにもかかわらず、面会や交際、復縁を求める。

贈り物を受け取るようにあなたに要求する。

4.乱暴な言動

あなたに大声で「バカヤロー!」等の暴言を吐く。

あなたの家の前で大声を出したり、車のクラクションを鳴らしたりするなど、乱暴な行動をする。

5.無言電話、連続した電話・ファクシミリ・電子メール

電話をかけてくるが、何も告げず、あなたに不安を感じさせる。

あなたが拒否しているにもかかわらず、携帯電話や会社、自宅に何度も電話をかけてきたり、ファクシミリや電子メールを送信してくる。

6.汚物などの送付

汚物や動物の死体など、あなたに不快感や嫌悪感を与える物を自宅や職場に送りつける。

7.名誉を傷つける

あなたを中傷したり、名誉を傷つけるような内容を告げたり、文書などを届ける。

8.性的しゅう恥心の侵害

わいせつな写真などを自宅に送りつけたり、インターネット掲示板に掲載したりする。

電話や手紙で卑わいな言葉を告げ、辱めようとする。

望んでもいないのに性的に恥ずかしいと思う気持ちを起こさせる。(「わいせつ」までに至らないものも含まれる。)

ストーカーつきまとい等8つのパターンに対する対処法

1.「つきまとい・待ち伏せ・押しかけ」に対する対処法

防衛対策

不安なときはタクシーなどを利用する。

防犯ブザーを携帯する。

一人で悩まず、警察や信頼できる人に相談する。

携帯電話は、いつでも110番できるようにしておく。

万一の場合は、警察や近隣の人に助けを求める。

女性のひとり暮らしの場合には

ドアや窓には二重鍵とドアスコープを利用する。

ドアを開けるときには周囲に注意する。

不審者がいるときは助けを呼ぶ。

2.「監視していると告げる行為」に対する対処法

防衛対策

状況・内容をメモし、警察に届け出る。

女性のひとり暮らしの場合には

すりガラスの窓でもカーテンをつける。

カーテンは厚手のものを利用する。

在宅中はカーテンをきっちり閉める。

3.「面会・交際の要求」に対する対処法

防衛対策

はっきりと拒否の姿勢を示す。

警察や信頼できる人に相談する。

4.「乱暴な言動」に対する対処法

防衛対策

危険を感じたときは、防犯ブザーや携帯電話で助けを求める。

警察に相談する。

5.「無言電話、連続した電話・ファクシミリ」に対する対処法

防衛対策

「警察に訴えます」とはっきり伝える。

架電状況(時間、内容等)を記録する。

6.「汚物などの送付」に対する対処法

防衛対策

警察に届け出る。

届いた時間と内容などをメモする。

送り主の不明な届け物などは、受け取りを拒否し、開封せずに送り返す。

7.「名誉を傷つける」に対する対処法

防衛対策

状況を記録し、中傷ビラ・インターネット文書などはすべて保存する。

警察や信頼できる人に相談する。

8.「性的しゅう恥心の侵害」に対する対処法

防衛対策

住所、電話番号、メールアドレスなどの個人情報の管理は慎重に。

送りつけられたものを持って警察へ相談する。

自分でできるストーカー対策、自衛手段

個人情報の管理は慎重に行う。

自宅住所や電話番号、携帯電話番号等は気軽に他人に教えない。

住所、電話番号等が書かれている書類を捨てるときは、裁断してから捨てる。

断固拒否の姿勢を見せる。

あいまいな態度を取らない。

感情的にならず、冷静に、はっきりと拒否の姿勢を示す。

自分でできる身近な方法を利用する。

身に危険を感じたときは、ためらわずに110番通報する。

迷惑電話おことわりサービス等を利用する。

住民基本台帳の閲覧制限等

ストーカー行為者等から、住民票を閲覧されるなどのおそれがある場合には、事前に市・町の窓口にその制限を申し出て おくことができます。

2015年12月19日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : tanteipronet-blog

ストレスだらけ

なにかとストレス満載の日常生活。さまざまな困難に直面したとき、そこから逃げ出したい気持ちになるけど、それもできないし。ほんとに、どうすりゃいいんだ!?

「このあいだテレビで大腸がんにかかった女優(名前忘れた)が「がんの再発防止にはストレスためないことが大切」って食事制限を一切せず暴飲暴食して、
「あなたのストレスと胃腸のストレスとどっちが大切か考えろ」って医者に忠告されてた。
コーヒーがばがば煙草スパスパで「ストレス軽減」だって言っても内臓はストレス感じてるんだよな。
ストレス感じるから働かないってわけにもいかないし、サラリーマンは一体どうすりゃいいんだ。」(ブログ記事から転載)

ホント、ホント! わかりますねえ、このストレス。みなさま、いかがでしょうか?

2015年11月26日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : tanteipronet-blog